キャッシングとカードローンの違いについて

 
消費者金融など金融機関で使われるキャッシングとカードローンの違いは何でしょうか?
同じように使われるふたつの言葉ですが借入方法が違うのでしょうか?それとも返済方法の違いでしょうか?

実は返済方法に違いがあるんです!

キャッシング
・ キャッシングとは返済方法が一括払いのことを表します。
お金を借りる際に、分割での返済ではなく、1回のみで返済していく方法です。といってもお金を借りることを全般的にキャッシングといいますから違いと言われてもピンと来ないかもしれません。それぞれの金融機関での使い方も違っていますので、一概に言えませんが、返済の回数でも、キャッシングという表現になるか、カードローンと表現になるかも分かれてきます。例えば、10万円以下、もしくは返済回数10回以下ならキャッシングでそれ以上ならカードローンと表現しているところもあります。

 

・ 基本的に一括返済なので少額の借入れになります。
分割にしない一括返済の場合、30日以内の返済になります。次の給料日に返せる額の借入れとなります。必然的に高額の借り入れはできません。キャッシングはどうしても少額の借入れになります。その分、利息は少なくてすみます。1回だけの返済とはいえ遅れて履歴が残らないようにしたいですね。

 

カードローン
・ カードローンとは分割での返済方法のことを言います。
分割の返済方法で借り入れする事をカードローンと呼ばれています。分割なので高額の借入れが可能です。一括で返すことはできません。月々一定の金額を返済をしていきますが、その分利息がついてきます。返済期間が長いとそれだけ利息が多くなります。元金とのバランスを考えて返済方法を設定しないといけません。逆に、早く返済したいからといって、月々の返済を増やすと負担になってしまい、遅れることになってしまうので気をつけましょう。

 

出来れば必要最低限の額だけを借り入れするのが望ましいでしょう。契約完了時に、借入可能額を伝えられますが、だからといって必要以上の額を借りて、いつまで経っても完済することが出来ないというようなことにならないようにしましょう。

 

必要な額、すぐに返せる額、完済すればまた借りれば良いのですから。上手に利用していきましょう。